MENU

2022年7月18日詐欺ニュース

  • URLをコピーしました!

・大阪府警は18日、陸上自衛隊朝霞駐屯地の2等陸佐43歳男を窃盗未遂の疑いで逮捕
・逮捕容疑は何者かと共謀して5月1日、大阪府四條畷市の70代女性のキャッシュカードを使い、大阪市内の商業施設など3カ所にあるATMを操作し現金を引き出そうとしたとされる
・府警特殊詐欺捜査課によると、女性は5月1日、自宅を訪ねてきた警察官を名乗る人物に偽のカードをすり替えられる手口で、自身のキャッシュカードを手渡していた
・怪しんだ女性の娘が直後に口座の利用停止手続きを取ったため、容疑者は現金を引き出せなかったという

・千葉県いすみ市の自称会社員29歳男を詐欺の疑いで逮捕
・被害者 静岡県静岡市に住む80代男性
・被害額 約1200万円
・18日午前、男性宅に「キャッシュカードの入ったカバンを紛失した。取引先に支払いするため、至急現金を用意してほしい」などと、孫をかたる男からうその電話あり
・午後0時半ごろ、容疑者の男が、孫の上司の息子になりすまして男性宅を訪れ、現金約1200万円を受け取り、そのまま立ち去ったということ
・その後、男性は息子に電話をかけ、息子が不審に思ったことで事件が発覚。警察が、男性から現金を受け取った男の特徴を聞き、捜査していたところ、JR東静岡駅近くを似た男が歩いていたことから、捜査員が声を掛け、逮捕したということ
・事件発生から約1時間半後のスピード逮捕

・富山県魚津市の建設業31歳男、富山県黒部市の建設作業員41歳男、富山県滑川市の建設作業員42歳男の3人を詐欺の疑いで逮捕
・3人は共謀し、2020年8月1日、持続化給付金の対象となる個人事業者であるかのように偽って給付申請を行い、口座に86万8000円を入金させ、だまし取った疑い

・沖縄県警特別捜査本部は14日、指定暴力団旭琉会二代目沖島一家構成員32歳を詐欺の疑いで逮捕
・2020年5月下旬から7月上旬にかけて、申請者4人と共謀しインターネット上で内容虚偽の申請を行い、持続化給付金計400万円をだまし取った疑い

・岡山県警水島署は17日、山口県下関市生まれ、住所不定無職の28歳男を詐欺などの疑いで逮捕
・SNS(交流サイト)で「金を貸してほしい」という趣旨の書き込みをしていた岡山県倉敷市の40代女性に「個人融資を行っている」とうそのメッセージを送り、12日までに保証金名目で自身の銀行口座に現金4万円を振り込ませるなどした疑い

・長野県上田市に住む60代女性
・被害額 720万円
・6月上旬、女性の携帯電話に「利用料金について連絡を下さい」などというメールが届き電話をしたところ「有料コンテンツの未払い請求がある」などと現金を要求され、複数回にわたり現金120万円を振り込んだ
・さらに、ネットワーク関連協会を名乗る男から「携帯電話がウイルスの発信源として疑われている」「保険に入れば無制限に保障ができる」などと言われ、7月上旬までに合わせて600万円を振り込んだということ

・埼玉県幸手市に住む80代女性
・被害額 現金100万円とキャッシュカード1枚
・6日午前10時半ごろから数回、女性方に長男を名乗る男から「仕事仲間と共同で作った計画書が入ったかばんを電車内に忘れてしまった」「200万円用意できないか」などと電話あり
・信じた女性は同日午後3時10分ごろ、自宅付近の路上で長男の知人を装う男に現金100万円とキャッシュカード1枚を手渡した
・キャッシュカードからは現金50万円が引き出されていた
・その後、女性が自宅を訪れた長男に話をしたところだまされたことに気付き、長男が警察へ通報

・栃木県足利市に住む80代女性
・被害額 350万円
・12日から13日にかけて女性宅に孫をかたる男から「喫茶店のトイレにバッグを置き忘れた」「契約会社との契約金700万円が必要だ。上司がいくらか立て替えてくれるが、残りを用意してほしい」などと電話あり
・その後、自宅で2回にわたり、孫の上司のおいを名乗る男に現金計350万円を手渡した
・女性が孫に確認して被害に気付いた

・埼玉県警所沢署は14日、愛知県名古屋市に住む無職32歳男を詐欺未遂の疑いで逮捕
・氏名不詳者と共謀し同日午前10時ごろ、埼玉県所沢市の無職70代女性方に長男などを装い「投資に成功したが税金がかかってしまう」などと電話をかけ、現金をだまし取ろうとした疑い
・同日午前10時40分ごろ、女性が「現金を用意してくれと電話があった」などと110番。警戒中の警察官が女性方の周囲にいた不審な男を見つけ、職務質問した

・埼玉県警久喜署は14日、住所不定無職21歳男を詐欺未遂の疑いで逮捕
・氏名不詳者と共謀して13日午後5時半ごろから数回、埼玉県久喜市の無職80代男性方に次男を名乗り、「友達と株で3千万円損した」「月曜までに返済しなければいけない。助けてほしい」などと電話をかけ、現金をだまし取ろうとした疑い
・その後、男性が次男に電話をかけ確認したところだまされたことに気づき、次男が警察へ通報
・翌日、男性方の駐車場で現金を受け取りに来た男を警戒していた警察官が現行犯逮捕した

・石川県加賀市に住む60代女性
・被害額 約100万円
・15日午後4時半ごろ、女性の自宅の固定電話に、加賀市の職員を名乗る男から「保険料の還付金がある。銀行に行き、着いたら連絡するように」と電話あり
・その後、銀行に向かった女性は携帯電話で男が指示するとおりにATMを操作した結果、現金約100万円を他人の口座に振り込んで騙し取られたということ

・福島県福島市に住む60代男性
・被害額 680万円
・7月5日男性の携帯電話に「本日中にご連絡ください」という金融会社を名乗るメールが届き、記載された番号に電話した
・「あなたの携帯からウイルスが出て他の会社に数千万円の被害が出ている」などと言われ、話を信じた男性が指定された口座に補償金などとして合わせて680万円を振込んだ

・埼玉県警上尾署は15日までに、東京都新宿区無職35歳女を詐欺未遂の疑いで逮捕
・氏名不詳者と共謀して13日午後2時半ごろ、警察官を装って、埼玉県上尾市の無職80代女性方を訪れて、キャッシュカードをだまし取ろうとした疑い
・捜査員がJR上尾駅周辺で警戒していたところ、午後2時ごろ、白色シャツ、黒色スラックス、黒色サンダルに奇抜な髪形の不審な女を発見、乗車したタクシーを追跡した。女はタクシーを降りて女性方を訪れ、女性は詐欺を疑って何も渡さなかった。捜査員が玄関から出てきた女を職務質問し、署に任意同行を求めて逮捕した

・京都府警伏見署は15日までに、東京都練馬区に住む会社員52歳男を詐欺の疑いで逮捕
・仲間と共謀して5月10日、京都府京都市伏見区の80代女性宅に息子をかたって電話し、「がんが見つかった。入院費を用意できないか」などとうそを言い、自宅を訪れて現金1020万円をだまし取った疑い

・兵庫県神戸市に住む70代女性
・被害額 1380万円
・昨年11月以降、金融機関の職員を装った人物から女性の携帯電話に「宝くじで36億円当たった」「6千万円をプレゼントする」などと複数回メールがあった
・入金がないため女性が受け取りを断ると、今年3月ごろ、「キャンセルは犯罪。私が不起訴にしてあげる」「入金のための手続き費用がいる」などとメールが相次ぎ、女性は指示通り銀行のATMから276回にわたり計1380万円を振り込んだ
・金の工面に困った女性が家族に相談して発覚

・島根県松江市に住む30代男性
・被害額 約132万円
・男性は6月13日に、インターネット上でお金の借り入れができるというサイトを見つけ、電話で「融資」を申し込んだところ、サイトの担当者から「最初の7か月分の返済額を先に納めれば融資が受けられる」などと言われ、約32万円を振り込んだということ
・しかしその後も融資が受けられないまま、「保証会社にも保険供託金として20万円が必要」などと言われたことを信じ、5回にわたりお金を振り込み、合わせて約132万円をだまし取られた

・津和野警察署は15日、住所不定無職63歳男を詐欺の疑いで逮捕
・男は15日の朝、島根県の津和野町役場を訪れ、現金を持っているのを隠し、旅費として1000円を受け取ったということ
・その後、警察官が町内にいた男を見付けて職務質問したところ、旅費困窮者として町から1000円もらったと話す一方、現金1万円余りを持っていたことから事実関係を町に確認するなどした上、逮捕した

・兵庫県警加西署は15日、住所・職業不詳40歳女を詐欺の疑いで逮捕
・2020年6月12日、交流サイト(SNS)で知り合った兵庫県加西市の50代男性に「DVが悪化すると困るのですぐに家を出たい。家を建てたいので2千万円貸してほしい」と、携帯電話にうそのメッセージを送信し、自らの口座に現金を振り込ませた疑い

・石川県加賀市に住む90代女性
・被害額 80万円
・14日午後3時ごろ、女性の自宅の固定電話に、警察官を名乗る男から「お金が引き落とされている」「警察官が自宅に向かうのでカードを渡してください」などと電話あり
・その後、女性は家に訪れた男にキャッシュカード合わせて3枚を渡したということ
・だまし取られたことに気が付いた女性は、その夜警察に通報したが、警察が確認した時にはすでに3つのキャッシュカードから合わせて80万円が引き落とされていた

・新潟県新潟市に住む40代女性
・被害額 電子マネー10万円分
・14日午後0時ごろ、女性の携帯電話に「携帯電話の停止に伴い、ご利用料金の確認が取れておりません」とのショートメールが届いた
・女性が指定された電話番号に電話したところ、つながらなかったが、その後、男の声で折り返しの電話があり、「去年7月から1年間、端末の料金が未払いです、あす郵送で裁判の通知が届きます。1年間で29万3000円です。私が案内するので、そちらへ行ってください」などと言われた
・女性は14日午後5時すぎに、新潟県三条市内のコンビニエンスストアで10万円分の電子マネーカードを購入し、男に番号を教えた
・その後、不審に思って警察に相談したところ、特殊詐欺の被害に気づいた

・新潟県新潟市に住む60代女性
・被害額 50万円
・12日から15日までの間、女性の自宅に新潟市中央区役所職員を名乗る男から電話があり、「医療費の資料を送った、過払い金の医療費の還付金があるので手続きしてください、受け取りには5年以上使っている残高50万円以上の口座が必要、午前11時から手続きができる、急いでショッピングセンターのATMへ行ってください」などと言われた
・15日午前11時ごろ、女性が新潟県新潟市中央区の商業施設のATMに行き、指示された連絡先に電話をかけ、指示に従いキャッシュカードをATMに挿入して画面のボタンを操作していたところ、他人名義の預貯金口座に約50万円を送金させられ、だまされたことに気づいた

・宮城県仙台市に住む自営業55歳男を詐欺の疑いで逮捕
・2016年1月ごろ、宮城県石巻市に住む知人の50代女性に「俺に金を預ければ株の運用をしてあげる」などとうそを言い、現金およそ1000万円をだまし取った疑い

太知ホールディングス KOBAN 電話録音機 防犯対策 (振り込め詐欺対策/オレオレ詐欺対策) 自動応答録音機 ST-386

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次