MENU

2022年8月18日詐欺ニュース

  • URLをコピーしました!

・栃木県栃木市に住む90代女性
・被害額 キャッシュカード4枚
・17日夕方、女性の家に警察官を名乗る男から「キャッシュカードが偽造されてお金がおろされている」などと電話あり
・信じた女性は自宅を訪れた男にキャッシュカード4枚を入れた封筒を別の封筒とすり替えられ、その後、だまし取られたことに気づいた

・北海道札幌市に住む60代男性
・被害額 約100万円
・男性のもとに、区役所職員を名乗る男から「健康保険金の払い戻しがある」「銀行に来てください」などと、ウソの電話あり
・男性が普段使っている銀行を伝えたところ、今度は金融機関のサポートセンターを名乗る男から「銀行では個人証明が発行できない」と連絡があり、代わりにスーパーのATMコーナーに行くよう指示があった
・男性は指示通りにATMを操作したが、他人名義の口座への振り込みとなり、約100万円をだまし取られたということ
・男らと連絡がつながらなくなった男性が被害に気づいて警察に通報

・兵庫県西宮市に住む70代男性
・被害額 約91万円
・18日午前11時ごろ、市役所職員を名乗る男から男性宅に「医療費の還付金の申請用紙を送った。なければATMに行って銀行のコールセンターに電話して」と電話あり
・男性は近くのコンビニに行き、男から「コールセンター」とされた電話番号に連絡。銀行員を名乗る男の言われた通りにATMを操作し、日本人名義の銀行口座に現金を振り込んだ
・自身の口座の預金残高が減っているのを不審に思った男性が近くの交番に相談

・大分県宇佐市に住む60代男性
・被害額 電子マネー約310万円
・6月末ごろ、男性の携帯電話に「アダルトサイトの会員として登録されたままになっています。解約する場合は電話してください」などという内容のメールが届いた
・男性がメールに記載されていた電話番号に連絡したところ、「解約金として電子マネーの番号が必要」などといわれ、ことし6月から8月中旬にかけ、複数回コンビニエンスストアで購入した電子マネーの番号を相手に教え、総額およそ310万円分の電子マネーをだまし取られたということ

・徳島県内に住む高齢女性
・被害額 600万円
・7月中旬、県内の高齢女性の自宅に住宅設備会社の社員を名乗る男から電話があり、「あなたには新しくできる女性専用の老人ホームの入居権がある。別の町に住む人が入居を希望しているが、入居権がないので名義を貸してほしい」などと言われ、名義貸しを承諾した
・その後、別の男らから名義貸しに関するトラブルを回避するために「現金600万円を送ってくれないと大変なことになる」といった電話が相次いだ
・女性は家族に迷惑がかかると思い、8月9日に現金595万円を宅配便で、翌日に5万円を振り込みでそれぞれ指定された住所と口座に送金し、合わせて600万円を騙し取られた

・北海道札幌市に住む44歳男を、詐欺の疑いで逮捕
・容疑者はことし2月15日、仕事を通じて知り合った男性に「娘の心臓移植手術をするために病院に250万円を預けなければならない」「お金は必ず返します」などと嘘を言い、男性から現金100万円をだまし取った疑い
・なかなかお金が返ってこないことを不審に思った男性が警察に相談し、事件が発覚

↓100回でも200回でも言いますが、親の固定電話機にこれを設置しましょう!

太知ホールディングス KOBAN 電話録音機 防犯対策 (振り込め詐欺対策/オレオレ詐欺対策) 自動応答録音機 ST-386

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次