MENU

2022年12月6日詐欺ニュース

  • URLをコピーしました!

・東京都八王子市に住む28歳男を詐欺の疑いで逮捕
・今年10月、弁護士を名乗り、北海道函館市に住む70代女性に現金1500万円を宅配便で送らせ、だまし取った疑い
・被害に遭った70代女性は、今年8月、不動産会社社員を名乗る男から「老人ホームに入りたい客がいるが入居枠を貸してもらえませんか」などと名義貸しを依頼する電話を受け、同意したところ、弁護士を名乗る男から「名義貸しは違法です。あなたの資産を一時的に裁判所に預ける必要がある」と現金を宅配便で郵送するよう要求されたということ
・女性は今年10月までに東京都内のマンション6か所に11回にわたって総額約1億5000万円を送り、だましとられた

・兵庫県神戸市に住む80代女性
・被害額 キャッシュカード1枚、200万円
・5日午後0時半ごろ、警察官を名乗る男から女性宅に「口座から現金が引き出され、キャッシュカードを保管する必要がある」と電話あり
・直後に訪れた男が用意した封筒に、女性がキャッシュカード1枚を入れて渡し、印鑑を取りに行った際、別の封筒にすり替えられた
・女性の口座から複数回に分けて計200万円が引き出されている
・出金を不審に思った金融機関が女性から話を聞いて同署に連絡した

・兵庫県姫路市に住む50代女性
・被害額 93万円+約140万円
・女性は3日、自宅に電話をかけてきた市役所職員を名乗る男の指示通りATMを操作し、約140万円を何者かの口座に振り込んだ
・女性は同日、警察に届け出た
・5日午前9時半ごろ、金融機関職員を名乗る男から女性の自宅に電話があり、「被害届を取り下げれば140万円を返金する」と伝えられた
・取り下げ費用として現金を要求され、女性は指示通り、市内のコンビニで約93万円を何者かの口座に振り込んだ

・青森県内に住む40代男性
・被害額 1550万円
・2022年8月中旬にSNSで見知らぬ人からメッセージが届き、「ネットで店を開き自動で商品を売買してくれるサイトがある」、「1日1000ドルの売上があると300ドルくらいの利益が出る」などと副業の話を持ちかけられた
・その後、話を信用し、サイトに登録した男性のもとに「商品を売買するための元手を振り込む必要がある」などと連絡があり、男性は仕入れ代金や税金の名目で青森県内の金融機関のATMなどから8月29日から11月25日の間に18回に渡り、計1550万円を振り込んだ
・男性は一度もサイトからの売上金が入金されなかったことから不審に思い、12月6日に青森南警察署に相談し、詐欺被害と発覚した

・京都府京都市にあるホテルの総料理長54歳男を詐欺の疑いで逮捕
・昨年7月、当時勤めていたホテルで、同僚20代男性が梱包や発送を担当した皿約50枚が割れていたことにつけ込み、ホテル側が弁償したにもかかわらず「苦情が来てる」「弁償しなあかん」などと男性にうそを言い、同8~11月、3回にわたり現金15万円をだまし取った疑い

・佐賀県鳥栖市に住む60代男性
・被害額 620万円
・今年5月、SNSで日本とイギリスにルーツがある女性を名乗る相手と知り合い、その女性から「FXをすれば儲かる」などと外国為替取引の投資話を持ち掛けられた
・話を信じた男性は、女性にアドバイザーとして紹介された相手のSNSアカウントとメッセージのやりとりをし、その相手から指定された合わせて10の金融機関の口座に、今年5月5日から10月27日にかけ、10回にわたり、合わせて620万円を入金した
・男性は、10月27日に入金したあと、アドバイザーを名乗る相手に「FXの取り引きでトラブルが発生した」「解決のための手数料を振り込んで」とSNSのメッセージで言われたことから、詐欺だと気づいたということ
・男性は、女性とアドバイザーを名乗る相手と会ったことや、電話で話したことはなかった

・福島県白河市に住む70代女性
・被害額 100万円
・12月6日の午前9時半ごろ、女性の家に市役所の職員を名乗る男から「保険料の払い過ぎです。銀行に振り込みますので、口座番号を教えてください」と電話があった後、金融機関の職員を名乗る男から「キャッシュカードが古いので使えません。近くの職員を向かわせます」などと電話あり
・話を信じた女性は、自宅を訪れた男にキャッシュカードを手渡した
・その後、不審に思って金融機関に問い合わせたところ、100万円が引き出されていた

・大阪府和泉市に住む45歳男を詐欺と窃盗の疑いで逮捕
・11月21日、大阪府堺市に住む80代女性宅に「堺北警察署の捜査2課のヤマシタ」を名乗り、「偽札が出回っている。家にお札はありますか」とうその電話をかけ、用意させた現金300万円を「偽札の確認をする」と言って詐取し、キャッシュカード3枚も盗んだ疑い
・女性が警察に確認の電話をしたことで詐欺が発覚

・京都府向日市に住む66歳男を詐欺の疑いで逮捕
・京都市伏見区に居住していた2015年10月~20年7月、市伏見福祉事務所に収入がないと虚偽の申告書を15回提出し、16年3月~21年1月の生活保護費432万円を不正受給した疑い

・愛知県豊田市に住む50代男性
・被害額 現金1100万円、電子マネー130万円分
・11月21日、男性の携帯電話に「携帯電話の料金の確認が取れていませんので、この電話番号に連絡ください」などと書かれたメールが届いた
・男性がメールに記載された番号に電話をかけたところ、団体職員を名乗る男らが出て「あなたの携帯がウイルスに感染して被害が出ている」「保証するための保険金を支払ってください」などと言われた
・男性は男らに現金1100万円を2回に分けて指定された住所に宅配便で送付したほか、コンビニで購入した電子マネー130万円分のコード番号を伝えた
・男性はさらに現金400万円を請求されて不審に思い、警察に相談して被害が発覚した

・愛知県名古屋市に住む80代女性
・被害額 キャッシュカード3枚、約600万円
・12月1日、女性の自宅に、警察官を名乗る男から「あなたのキャッシュカードで不正にお金が引き出されている」などと電話あり
・その後、女性は自宅を訪れた男にキャッシュカード3枚を盗まれ、あわせて約600万円が引き出された
・同日、愛知県西尾市に住む80代女性にも、警察官を名乗る男から「口座から5万円が引き出されているので、キャッシュカードを止める必要がある」などと電話あり
・自宅を訪れた別の警察官を名乗る男にキャッシュカード2枚を盗まれ、あわせて約430万円が引き出された

↓100回でも200回でも言いますが、親の固定電話機にこれを設置しましょう!

太知ホールディングス KOBAN 電話録音機 防犯対策 (振り込め詐欺対策/オレオレ詐欺対策) 自動応答録音機 ST-386

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次